スカルプDが取得した1位の価値について


オリンピックで金メダルを取れと言われれば、
本人の努力次第でなんとかなると思います。
しかし、国別金メダル取得数1位を取れと言われても、
かなり難しいのではないでしょうか。
そもそも、1回のオリンピックで手に入れることが出来る
メダル数はどれだけか分かりませんが、確か1位はアメリカです。

競技数は非常に多く、1位のチャンスは数百回ありそうです。
柔道に至っては階級ごとに出場できますので、
たった1競技なのに十数人の金メダリストがいます。
泳ぐという競技である水泳も非常に種類が多いです。
当然ですが、オリンピックの全競技の中で
ナンバーワンの選手を決めることは出来ません。
ルールが違い過ぎるので、競わせることが出来ません。
メダル取得数で決めることは出来るかもしれませんが、
総合格闘技の無差別級バトルロワイヤルでも行わない限り、
真のナンバーワンは決められそうもありません。

金メダルや1位の価値は分母で決まります。
試合選手が10人の大会での1位よりも、
70億人の人口における大会での1位の方が価値が高くなります。
そうした意味では、楽天市場総合ランキング1位の称号は
かなりスゴイのではないでしょうか。
分母が1億5000万点ですので、
なにをどうすれば1位を取得できるのか想像すら出来ません。
柔道や水泳の競技人口は1億5000万人以上いますが、
それらは階級別・競技種類で分かれていますので、
金メダルを取得するのは比較的容易です。
サッカーのワールドカップでしたら、
1位はたった1国ですので、その価値は非常に高いかもしれません。

スカルプDシャンプーはそんな総合無差別級で1位を3年連続で取得した、
ある意味バケモノのような存在なのかもしれません。
スカルプDシャンプーはシャンプー部門ももちろん1位を
取得していますが(そっちは6年連続)、
総合無差別級を制覇していた実績というものがスゴイのです。

これがマイナーな通販サイトでしたら、1位は容易です。
しかし、舞台は楽天市場です。
取り扱い商品数もあることながら、
実際の利用者が何人いるか分かりません。
1人が一生の内に1回しか買うこともありませんので、
年間の総購入回数は億単位に上ると思います。
その中で一番売れていたのがスカルプDシャンプーなのです。

その栄光は2010年~2012年のものですが、
現在も2位~5位を常にキープしています。
ライバルはミネラルウォーターです。
いつの日か、スカルプDシャンプーが
栄冠を取り戻す日が来るかもしれませんね。



mouseover